-

FX(外国為替証拠金取引)の興味深いところは、単品の商品であるのですが資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」のいずれをセレクトするのかにより資金を費やす仕方がまるっきり違うという部分にあると言います。パイザカジノへの登録はこちら

最初に外国貨幣への投入の「長い期間の投資」について詳しく見てみよう。

長期とは一年以上の投資期間が前提とされているものです。

為替レートで、一年以上も後々の為替相場が円高なのか、それとも円安であるかを推測するなんてことは、普通は難問かと思います。

ほとんどの場合「そこまで後の変動はわからない」と考えるのが当然でしょう。

予想もできないのに懸命に予測しようと努力したところでそれは意味のない行為です。

そういったことから外国の貨幣を買って、その時点でのレートよりも円高でもその分はいつか円安になるだろうというポジティブな感じで参加することが大切です。

差益を熱心に大きくすることに限定せず、他からの収益つまりスワップポイントを稼ぐということを、まず初めの望みにしてお金を預けましょう。

当然のことですが、ちょっとの期間で為替差損にマイナスが非常に大きく膨らむこともあります。

したがってそういった損失が膨らんでも影響のないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限でトレードする心がけは大切です。

FX(外国為替証拠金取引)は損失が一定金額以上広がると、追い証が必要になったり、またはストップロスを置くことになります。

ロスカットになってしまったら早くやり取りを決済する必要があり、長期トレードが厳しくなります。

リスクを回避するためには、レバレッジ2?3倍くらいでやり取りするのが安心かと思います。

今度は中期のスタンスでのやり取りを見てみましょう。

中期のケースでは2ヶ月ほど先を想定してのトレードを行うのです。

為替のトレードのケースでは、およそ1ヶ月先のことであれば、ある程度予測しやすいかと思います。

G7を始めとした世界的な論議とか為替市場で売買している人たちがどういった内容に着目しているかを聞いてみれば、割りと予知できるのです。

経済の状態を見る一方でグラフを参照することで、為替の相場の状態を把握する事ができ、買いか売りかを決定するのがいいと思います。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルのどっちも良い方向でありもしくはどちらも買い傾向が一致した時はだいだいその通りに行くと思って良いでしょう。

そうしたらポジションを増やすことによって一層高い利益を期待できるのはほぼ確実です。

最後に短期のスタンスの要点です。

この短期スタンスが指しているのは言わばデイトレーディングのことを意味しています。

為替でデイトレードを行う場合は、ファンダメンタルズは少しも絡んでいないと思います。

なぜなら明日の為替レートの変化に、経済情勢は影響しないからです。

ここでの一番のコツは目を引く催し物があることで、それが影響して為替レートが著しく変化する一瞬を見落とさないようやり取りすることです。

例を挙げると、アメリカにおいて雇用者の統計が公開される、それとも金融会議等により制作金利が変動するといった催し。

こういった絶好の機会に変わり目を捉えるとの意味から、短期トレードでは技術的なものが欲しいところである。

Category

リンク