-

自動車重量税、通称重量税という税金は国産車あるいはアメ車というような愛車の生産国やプラグインハイブリッド車、クーペ等車のタイプに全て同じで、例えば、スバルやBMW、等でも変わりなく納付しなくてはならない税金のことをいいます。

新車を登録する場合、もしくは車検の時に払わなければいけない税金になります。

その支払額は車の重量で決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく違うものなので基礎となる税金を理解して勘違いしないようにしましょう。

「自動車重量税というものはクルマの重さ毎に」「自動車税という税金は自動車の排気量毎に」金額が違います。

それで、買い取りの時の扱われ方違いますから、注意しなければなりません。

車を手放すときには支払った車の重量税がどれだけ残っていた場合でもその税額が還付されるということはないですが、一方、自動車税であれば既に納めた金額を査定額に足してくれるといった場合があるものの重量税の場合は上乗せになるような場合は全然ないでしょう。

重量税の場合は、自動車を売る際支払った税金があるとはいえ買い取り専門店側でそれが忖度されるケースは少ないと思います。

そのため次の支払い、つまるところ次の車検まで待った上で売却をするという手法が一番良いでしょう。

自動車買取の際は考慮していただけない重量税ですがある条件のケースでは返還されることもあるのです。

このケースは車検の効力が残存している車を廃車処理する場合。

つまり抹消登録をすると、残っている期間に従って金額が返ってきます。

ただし車の買い取りの時はその車が廃車になるのとは異なり還付されません。

それから手放す自動車の名義の変更をしてしまったケースや、盗難にあったケースなども還付してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている愛車を売却するイコール要するに車検の効力がまだあるクルマということと同じです。

そのことを店側も配慮しますので自動車重量税の残存期間があれば、そこそこ査定額が増えると思います。

もちろん、査定額は買取業者によって異なりますが、車検期間がまだあるということを考慮していただければ車の売却額からみたらそれほど払い損と考えることもありません。

Category

リンク