-

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険という保険で、通称自賠責保険と呼ぶ保険になります。78-5-42

このような自動車損害賠償責任保険は属に、強制保険とも言われていて愛車を車検に出す場合は、その車検の期間に効果のある自賠責保険に入っている必要があります。78-8-42

わかりやすく言えば、全ての自動車が加入する必要があるものです。78-16-42

ではクルマが自賠責保険に加入したまま売却した時にはどうか考えてみたいと思います。78-2-42

強制保険(自賠責保険)は車検の際に更新になるというケースがあったりしますが、もし強制保険に加入した車を売ったケースでは保険料が返金されるということはないと思います。78-14-42

なぜなら、自賠責保険を一度外して、買取相手に移行するのは少なからず面倒くさいのです。78-19-42

ですので自動車損害賠償責任保険は、名義変更後に車と一緒に手放すということが一般的です。78-12-42

ただ、それと同じだけの価格を代金に上乗せしてくれます。78-11-42

自賠責保険は自動車税とは異なり既に納めた保険額を月々で割り算した額が戻ってくるのではなく見積額に足すという方法がとられることが通常なのですが、この上乗せが査定票に明記されるようなことはほとんどありません。78-6-42

ですので引き取りのときには強制保険を考慮した金額が買取金額に含まれているかを確認してください。78-9-42

自らが納付した金額がどれだけかということを頭に入れておけば大丈夫と考えます。

自賠責保険の加入保険料については加入していた期間により違ってくるものなので確認が必要です。

クルマの処分の場面では自賠責保険の名義変更をする必要があります。

もしこの作業をせずに放っておいたら、保険業者から自分に保険の満了便りが届くことになります。

売却を検討中の車がより正確に判断され損をせずに売れることを応援したいと思います。

Category