-

自己破産の申告を行ってしまうと他の人にばれてしまったら一生の恥になってしまう、というように心細く思ってしまう人もいらっしゃるようですが、自己破産手続きをしてしまっても公的な機関から勤め先に書類がいくことはないので通常においてはばれるということはあり得ません。一方、一般的な事案ならば、破産の申し込みが済んでいるならば債権者から自分の上司に催促の電話がかかるということもあり得ません。しかし、自己破産の申立てを裁判所に対して行ってしまうまでの期間は債権者から会社に書類が送付されることもありますからそのような発端で事実が知れ渡ってしまう可能性が考えられますし、給金の押収を行われてしまうと言うまでもなく、同僚に知られるという結末になってしまうのです。こういったことに対する心配がどうしても頭をよぎるのであれば専門の司法書士あるいは弁護士などに自己破産申告の実行を頼んでみるという解決法をひとまず考えてみるのがよいでしょう。司法書士あるいは弁護士などに依頼をしたとなるとまず全ての借りた会社に受任通知が送付されますがこういった通知が到達したあと借りた会社が破産者本人に直接催促を実行するのは固く禁じられておりますから会社の上司に知れ渡ってしまうという事態も一切考える必要がありません。また自己破産の申立てが原因で会社を退職しなければならないのか否かという心配についてですが戸籍謄本ないしは住基カードなどに掲載されるということは考えられません故、通常の場合ならば部署の人間に知れ渡ってしまうなどということはあり得ません。最悪、自己破産申請を申し込んだことが会社の人間に知れ渡ってしまったとことろで破産をしたからといって会社を解雇してしまうなどということはあり得ませんし、自主的に辞める義務も全然ないのです。ですが破産の申立てが自分の上司に知れ渡ってしまい、居づらくなって退職してしまうという事態がしばしばあるというのも事実だと言わざるを得ません。給金の回収については、強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権という取り決めの中で給料や賃金などを制定されており、そのような債権においては25%までしか差押を許されてないのです。つまりこれを除く7割5分に関しては回収をするなどということは法律的にできません。そして民事執行法においては、一般的な家庭の必須ラインを勘案して政令として水準(33万円)示しているので、それを下回るケースは25パーセントのみしか没収されないように定めています。だから借入者がそれを上回る給料を手にしているケースはその金額を上回る月収について全額接収することができると定められています。ただ破産について定められた法律の改正によって弁済に対する免責許可の申立てがあり自己破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止などが確定し、自己破産処理の終結がなされていれば借金の免責が決定し確約されるまでに関しては、破産申立人の私財などに対して強制執行・仮差押え、仮処分の適用などが出来なくなり、これより先になされている仮押えなどについても中断されるということに変更されたのです。さらには、負債の免責が決定ないしは確定されたときには時間的にさかのぼって実行されていた差押えなどは実効力が消滅するのです。

Category

リンク