-

パソコンの。前で絶えず上下動しているマーケットを見ていると何やらトレードをせずにはいられなくなるという欲求が沸き起こる方も少なくないだろう。しかしながら、不確かな考えで売り買いをすることは、断じてしてはいけません。知っての通り、為替相場は1日中いかなる時でもいずれかの国の為替相場が動いているし為替レートもどういう時でも変化しています。だからといって、立て続けに売買を積んでいくと、その分損をする危険性が高くなります。無論、トレードの数を経験することによってだんだんと稼げる可能性が半々になるのは事実です。しかしこれは「ぼんやりとした感覚でエントリー」とは別問題です。売り買いの回数を重ねるという意味は「ここで勝負」と思いついた自信を持った状態での売り買いの回数を増やすという事です。理由がなく、連続して売り買いを積むのとは明らかに異なります。為替相場の戦いに立ち向かうためには、白分で意識してメリハリをつけることが必要です。「ここだ!」と思い至った外国為替市場の時には、思い切ってポジションを積み増して意識して儲けを追求する。「少し難しいマーケットで、どうなるか理解できないな」と思案した時は観念してポジションを全部諦めて何もしません。これくらいのけじめがあったほうが最終的に売買は勝利します。外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。本当にその通り。為替取引とはいつも売買ポジションを保有する事が肝心な事ではなく売買ポジションを所持せずじっと待っている事も場面によっては相場なのである。じゃあ、いつ、休めばいいのでしょうか。最初に言われるのが先述の通り、最近の相場展開がしっかりと見通しがきかない時です今から円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は、何も考えず行動すると、自ら考えた筋書きとは異なった方向に相場が変動してしまい損失を被る事になります。そうした時はポジションを整理して、何もしないで様子をみるのが唯一出来る事です。第2に、己の健康状態が思わしくない時です。健康状態と外国為替市場に何の影響も与えないと思う人もいるでしょうが実は考えている以上に影響します。体調がすぐれなければ、外国為替市場の大少な場面で、必要な判断ができません。興味がわかない時は、相場から距離を置くことも大事な事です。

Category

リンク