-

車での事故に巻き込まれた状況で、あなたが自動車の事故の被害者の場合でも、向こう側が間違いをちっとも容認しないケースは多数あります。ひとつの例として、意識的に起したのではなく注意散漫で相手の車をぶつけられた場面などに言い合いにうつってしまうケースがあるのです。だからと言ってその場で自動車のみの損害処理されて数ヵ月後に体の変調が出た時に、診てもらった病院の診断書を提出するのでは後手後手に回るのはしょうがなくなってしまいます。そうであるなら、車の事故の過失割合の取り決めにはどういう風な判定基準があるのでしょうか。正しく言いますと警察が確定するのは主として車での事故の大きな落ち度が認められるのはどちらかという責任の所在であって、割合ではありません。その上、決定された事故の過失者が警察から明確にされる事はケースは全くありません。そんな訳で、「過失割合」は当事者の交渉によって明確にされこれが事故の賠償の算定基準です。その場面で、関係者全員が任意で加入できる保険に加入していない時には、当事者が直接相談しなければなりません。しかしながら、当然の事ですがその方法では、感情に走った押し問答になる場面が高いです。これに加えて、お互いの意見に差があれば最悪、裁判沙汰に進みますが、これは年月と訴訟費用かなりの負担です。ですから一般的には、それぞれの事故当事者に付く自動車の保険会社、この両者の自動車の保険の会社に協議を一任する手立てを使って、ちょうどよい割合を落ち着いて結論付けさせるのです。このような時、自動車保険会社は前の自動車での事故の訴訟の結果から決定した認められた基準、判例集を土台として、推定と協議によって「過失割合」を導き出します。とは言っても事故のケースでは遭遇したのか起こしたのかには関係なく第1に110番に連絡するのが重要です。その上で保険屋さんに連絡してその後の交渉を委任するのが順序になります。この順序さえ分かっていれば、堂々めぐりの議論となる事を回避できるに違いないのです。

Category

リンク