-

月刊誌の広告、スポーツ新聞紙、繁華街にある宣伝広告やDMなどで「負債の整頓任せなさい」「負債をまとめたいと思ったら」と書かれた広告を読むことがしばしばです。それらは、「整頓屋」「買取屋」「紹介者」という通称の企業のおとり広告のケースもあるのです。このようなものを申し込んだケースでは破産手続きの中で最も重要な免責許可を得られない危険性もありえます。「整理屋」は、広告などで債務者を引きつけ、高額の費用を受けて整理をしますが、結局のところ借金整頓はなされず、一層の負債スパイラルに落ちる場合がほとんどと言ってよいでしょう。「買取業者」では、債務人のクレジットで電化製品、新幹線の利用チケットをたくさん注文させて負債者から品目を買った値段の10%から額面半値で購入するという手法が主です。負債者は小金が得られますが、いずれクレジット企業経由で品物の定価の催促がくることになり、本当は債務を増額させる結果となります。この場合、カード会社に対しての犯罪ということになり免責を手に入れられなくなります。「紹介屋」の場合は大手サラ金から貸してもらえなくなった借金人に関して、直接の資金提供は全くせずに、資金提供を可能な他の業者を教えて、すさまじい費用を出させるグループです。紹介屋は高度なつなぎでお金を貸し出しできたというふうにしゃべりますが、現実は何もしないまま単に審議の緩やかなルートを知っているというだけです。このときも結局のところ借金額をアップさせる結果となります。